◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アトピー性皮膚炎の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


アトピー性皮膚炎の症状の原因は、皮膚のバリア機能の低下、ドライスキン、かゆみ物質の生成です。
皮膚のバリア機能の低下により、細菌、アレルギー物質が進入しやすい皮膚は、ドライスキンを改善することにより、皮膚のバリア機能がよみがえります。
皮膚の乾燥を防ぐためには、保湿する、皮膚を清潔に保つことです。
皮膚の汚れを取ることで、細菌の繁殖を防ぎ、細菌が進入するのを防ぎます。
皮膚を洗うためには、シャンプーや石鹸を使いますが、できるだけ刺激が弱いシャンプー、石鹸を選びます。
強い刺激をあたえると、かゆみの原因になってしまいます。
皮膚を洗い、清潔にしたあとは脂肪分が失われて、保湿効果が減少します。
そのため、十分に保湿して、乾燥を防ぐようにします。
塗り薬の上に保湿剤を塗ってもよいです。
改善するためには、清潔に保つ必要があります。
髪や身体を洗うときには、なるべく刺激が少なくなるように洗います。
シャンプーは直接、頭につけてはいけません。
お湯の中で十分あわ立ててから、つめを立てないように洗います。つめを立てて洗ったら、皮膚に傷がついてしまいます。
そして、十分に洗い流します。
頭皮が乾燥していたり、炎症をおこしている場合、シャンプーの回数は1日おきなどに減らします。
身体を石鹸で洗う場合も、こすらないように石鹸を泡立てて、その泡で身体を洗います。
皮膚を傷つけてしまうとドライスキンの原因になってしまい、悪化してしまいます。
頭と同様、炎症がひどい場合は石鹸の使用回数も減らします。
上から順番に洗うことで、身体に石鹸が残りにくくなります。
皮膚は温まるとかゆくなるので、少しぬるめのお湯に入るようにします。
ドライスキンになってしまうと、皮膚の表面から水分が出て行ってしまいます。
皮膚は、水分、脂分を保つことにより、アレルゲン、細菌、ウイルスなどが体内に侵入するのを防ぎます。
それを防ぐためには、皮膚の保湿を十分に行う必要があります。
入浴の後は皮膚の脂分が失われているので、必ず保湿剤を塗ります。
ステロイド剤などを使用している場合は、薬の上から保湿剤を塗ります。
乾燥の度合いが低いなら、ローションや乳液を、ひどい場合は、オイルやクリームを使用します。
乾燥を防ぐために1日に何度も保湿剤を塗ります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)アトピー性皮膚炎の治療