◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アトピー性皮膚炎の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応と密接な関係があります。
アトピーの語源は、A・TOP・Y(分類する場所がない)という意味です。
原因がよくわからないという意味で名づけらけました。
皮膚には、外部から細菌、ウイルスなど有害なものを進入させないようにするバリア機能があります。
このバリア機能により、体内の環境は保たれています。
皮膚のバリア機能が低下するため、細菌、ウイルス、アレルゲンが体内に侵入しやすくなります。
赤ちゃんがかかりやすいのは、乳児はまだ、身体の各機能が未成熟で、特に皮膚のバリア機能が未成熟だからだと考えられています。
皮膚で炎症が起きる仕組みは、皮膚のバリア機能の低下や皮膚が乾燥するドライスキンなどにより、肌が弱ります。
そして、ほこり、ダニ、などアレルギー反応の原因となるものがバリア機能が弱くなった皮膚から進入します。
アレルゲンが真皮に到達し、白血球など、抗体をもつ細胞を結びつき、さまざまな化学物質を放出することで炎症を起こします。
これらの化学物質の中には、アトピー性皮膚炎のかゆみの原因となる物質も存在します。
かゆみを引き起こす物質や炎症により、皮膚がかゆくなります。
アトピー性皮膚炎の場合、皮膚がカサカサになったりして
乾燥していることがあります。
アトピー性皮膚炎により、かゆくなって、かいてしまうと
皮膚が傷つきます。皮膚が傷つくと外部から、アレルギーを
引き起こす物質が進入しやすくなるだけでなく、内部の水分が抜け出しやすくなります。
さらに乾燥した皮膚は刺激に敏感で、かゆくなりやすいので、もっとかいてしまい、皮膚の機能が低下してしまうという悪循環になってしまいます。
かゆみを引き起こす化学物質の代表的なものにヒスタミンがあります。他にもさまざまなかゆみ物質が存在し、それらが真皮の中で細胞を刺激し、炎症を引き起こします。
そして、かゆみと熱さを感じます。
アレルギーにより要因とアレルギーと無関係な要因が組み合わさって起きる慢性の湿疹のことを言います。
この二つの混合反応を言われ、アレルギー体質+ストレスなどの複数の原因により、発症するものだと考えられています。
治療にはガイドラインのようなものがありますが、医師によって治療に差が出ます。
名医と呼ばれる医師にかかって、完治したという人もいます。
また、別に名医でなくても治ってしまったという人もいます。
漢方が効く人もいますが、あまりにひどく、なおりが悪いのなら病院を変えたほうがよいかもしれません。
かきすぎるなどの物理的な刺激により、白内障になってしまうこともあります。
画像や写真を見ると、自分がひどいと思っていても、さらに大変そうな画像の人もいることがわかります。

i-mobile

前半を読む
PC版で見る
(C)アトピー性皮膚炎の治療